ニュース

2018/11/14お知らせ

ビットコインキャッシュのアップグレードに関するご注意

いつもGMOコインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2018年11月15日にビットコインキャッシュのアップグレードが予想されております。
アップグレードの状況によっては、急激な相場変動等が発生し、各銘柄のスプレッドが想定を遥かに超えて拡大する可能性や、価格の配信が困難となる可能性がございます。
その際、ロスカット、不足金等が発生する可能性がありますので、お客さまにおかれましては下記の注意事項にご留意のうえ、事前にご入金いただく、保有建玉(ポジション)を縮小する等、取引や資金の管理に十分ご注意いただきますようお願い申し上げます。

■価格配信の停止及び再開についての注意事項

次のような場合には、当社は、価格配信を停止する場合があります。
・当社のカバー取引先等の全てが価格配信を停止したとき。
・当社のカバー取引先等が提示する取引価格の全てが市場実勢を反映していないと当社が判断したとき。
・市場における仮想通貨取引量の低下等により、適正な取引価格生成ができないと当社が判断したとき。

当社は、価格配信を停止した後、上記の事由が解消したと判断した場合は、価格配信を再開します。
当社は、価格配信を停止している間は、成行注文の受付を停止しますが、指値注文及び逆指値注文については、直近の取引価格を基準として注文を受け付けます。

また当社は、価格配信を停止している間は、価格配信を停止する前又は停止している間に受け付けた注文を執行しません。したがって、当該注文は、当社が価格配信を再開した時点の取引価格を基準として約定する結果、証拠金の額を大幅に上回る損失が生じることがあります。

仮想通貨の証拠金取引を取り扱う事業者によっては、カバー取引先等が異なる場合があるため、当社の価格配信の停止及び再開の時期や条件が、他の事業者と異なる場合があります。また、相場急変時等においては、各カバー取引先等のスプレッド等が大きく異なる場合があるため、同時期に約定した取引であっても、事業者によって約定価格が大きく異なる場合があります。

■注文の受付についての注意事項

当社は、その保有するリスク等に鑑み適切であると認めるとき(当社のカバー先におけるシステム障害等に起因する場合や仮想通貨に関する状況変化等に起因する場合を含みますが、これらに限られません。)は、新規注文の受付を停止する場合があります。

■ロスカットについての注意事項

お口座の証拠金維持率が75%を下回ると、保有建玉が強制的に決済されるという自動ロスカットが行われます。

当社のシステムは、各お客様の証拠金維持率を巡回しながら監視しており、また、ロスカットの執行には、ある程度の時間を要するため、お客様の証拠金維持率が上記の数値を下回ったとしても、必ずしも直ちにお客様の建玉が決済されるわけではありません。したがって、相場が急激に変動した場合には、証拠金の額を上回る損失が生じることがあります。証拠金の額を上回る損失が生じた場合には、その超過額をお支払いただきます。

何卒ご理解、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

一覧へ